コンテナのシェルに戻る

「コンテナシェル起動 → 停止せずにホストシェルに戻る」の後で再度コンテナシェルに戻りたい時や、バックグラウンド・モードのコンテナのシェルに入りたい時は、docker attachコマンド。

# バックグラウンド・モードでコンテナ起動
docker run --rm -dit --name test centos:7 bash

# コンテナのシェルに接続
docker attach test

docker execプロセスを追加するのに対して、docker attachは追加せずにコンテナに端末をつなぐ。ホストの複数のシェルから同時にdocker attachすることもできる(入出力が同じになるが)。