データの共有、永続化、一時ファイル

ホストやコンテナ間でデータを共有したり、永続化したり、一時ファイルを利用するなら、--mountを使う(--volume--tmpfsより推奨(Docker 17.06以上))。

種類はvolumebindtmpfsの三つあり、--mount type=で指定する。

複数のオプション(キーと値)は、--mount type=volume,キー1=値,キー2=値のように、,区切りで指定する。