一時ファイルならtmpfs

--mount type=tmpfs

複数のオプション(キーと値)は、--mount type=tmpfs,キー1=値,キー2=値のように、,区切りで指定する。

# コンテナ起動(バックグラウンド・モード)
docker run -dit --name test --mount type=tmpfs,destination=/xyz centos:7 bash

# /xyzに書込
docker exec -it test bash -c "echo 機密 > /xyz/temp"

# コンテナ停止
docker stop --time=0 test

# コンテナ再起動
docker start -i test
# コンテナシェルで
# /xyzは空
ls /xyz

exit
# コンテナ削除
docker rm test